乳腺症と乳がんの違い

乳がんの基礎知識

乳腺症と乳がんの違い

乳がんのガイド

乳腺症乳がんの違いについて解説しています!

 乳腺症は、乳腺の病気の中でも、もっとも多く見られる良性疾患です。

35〜45歳の女性に発症しやすいといわれています。乳腺組織に何らかの病変が起こるもので、さまざまな症状が考えられます。

乳腺症はあいまいな病名ですが、乳がんや乳腺炎といった、個別の名称がある疾患は含まれません。

乳腺症の症状

 通常、乳房に痛みを伴うしこりが見つかります。

しこりの境界がはっきりしないことが多いため、乳がんと間違われることがありますが、乳がんのしこりは痛まないのが一般的です。

このしこりと痛みは、月経周期によって強くなったり軽減したりと、一定しないことも珍しくありません。さらに、乳頭から分泌物が見られることもあります。

女性ホルモンとの関係

 乳腺症と乳がんの共通点としては「女性ホルモンの影響を受ける」ということです。

乳房は、月経や妊娠・授乳などによって、常に変化しています。たとえば月経前に胸が張る人が多いように、女性ホルモンの分泌に応じて、拡張や収縮を繰り返しているのです。

その中で、乳房の一部分に強い変化が起き、完全に元に戻らないケースも出てきます。毎月の積み重ねによって、乳腺に現れるさまざまな症状の総称が「乳腺症」です。

よく見られるものとしては、袋状の「嚢胞」や、乳管の細胞が増えたことで乳頭から異常分泌が起こる「乳管乳頭腫」、細胞が汗腺とよく似た変化を起こす「アポクリン化生」などがあります。

乳がんとは別物

 つまり乳腺症とは、月経サイクルのある女性であれば、誰でもかかる可能性があるものです。がん細胞の有無で診断がつく乳がんとは、決定的に異なります。

乳腺症と乳がんに関わりがあると思う人が多いのは、乳がんを患った女性に、時々乳腺症が見られるからだと考えられます。

そのため、乳腺症が乳がんに進行するという説もあるようですが、因果関係は認められていません。

また、しこりや乳頭からの分泌液など、乳がんと似た症状が出ることも誤解の一因です。

中には、非常にまぎらわしい乳腺症もあるため、マンモグラフィなどの画像検査だけでは分からず、細胞の一部を採取して顕微鏡で検査する生体検査を行って診断がつくこともあります。

さまざまな類似点はあるものの、乳がんはあくまでがん細胞の有無が決め手となるため、乳腺症とは別物です。

ただし、細胞が病変を起こしやすいという側面はありますので、乳腺症にかかったことのある人は、乳がん検診をかならず受けることをおすすめします。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ