炎症性乳がんとは

乳がんの基礎知識

炎症性乳がんとは

乳がんのガイド

炎症性乳がんという病気について解説しています!

 炎症性乳がんは、乳がん全体の約1パーセントという特殊な型になります。

おもに乳頭周辺に発症し、はっきりしたしこりがなく、皮膚に赤みや腫れが見られるのが特徴です。

一般的な乳がんと同様、40〜50代にもっとも多く発症しますが、全年齢において可能性があります。

炎症性乳がんはどんな病気?

 皮膚が赤くなって熱をもち、あたかも炎症を起こしたかのように見えるため「炎症性乳がん」と呼ばれます。

しかし実際は皮膚炎などではなく、がん細胞が乳房のリンパの流れをブロックすることによって、皮膚に症状が出たものです。

皮膚の下には、網の目のように張り巡らされたリンパ管があります。この中にがん細胞が詰まって、リンパ液の流れが停滞し、炎症や腫れを引き起こします。さらに進行すると、潰瘍ができることもあります。

稀な乳がんではありますが、進行が早く、転移も起こしやすいことから、悪性度の高いがんといえます。

診断がついた時には、既に他の部位に転移しているケースも多いため、1日も早い診断と治療が望まれます。

炎症性乳がんの症状

 乳頭およびその周辺の皮膚が赤く腫れ、皮膚の毛穴が目立つようになります。まるでオレンジの皮のくぼみのような外観であるため、「橙皮状皮膚(とうひじょうひふ)」と呼ばれることもあります。

患部に熱やかゆみ、発疹や皮膚のザラザラ感が見られるほか、乳頭がへこむ「陥没乳頭」になるケースも見られます。

その皮膚の症状や急激な進行から、急性乳腺炎と誤診されることも珍しくありません。乳房に赤みや腫れが見られたら、皮膚科のみならず、乳腺外科を受診してみることをおすすめします。

炎症性乳がんの検査と診断

 しこりがないケースが多いため、マンモグラフィなどの画像診断では分からないことがほとんどです。

乳房の皮膚を一部採取し、顕微鏡で調べる生体検査がもっとも確実とされています。皮膚やその下にあるリンパ管に、がん細胞が存在しているのが確認されれば、炎症性乳がんの診断がつきます。

炎症性乳がんの治療

 以前までは、乳房を切除する手術が一般的でしたが、その結果は思わしくないものでした。患者のほぼ全員に再発がみられ、5年生存率はわずか17パーセントであったとのデータもあります。

現在では抗がん剤による化学療法が中心となり、症状に応じて乳腺の動脈に直接抗がん剤を注射する方法や、放射線療法、ホルモン療法などが選択されます。

手術をした場合でも、術後の化学療法を継続することで、5年生存率も約50パーセントまでに上昇しています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ