乳がんになりやすい人

乳がんの基礎知識

乳がんになりやすい人

乳がんのガイド

乳がんなりやすい人について解説しています!

 乳がんのリスク因子がいくつか特定されている以上、「乳がんになりやすい人」は存在します。該当する方は、ぜひ定期的にマンモグラフィなどの乳がん検診を受けるようにしましょう。

40歳以上である

 日本人女性の場合、乳がんの発生率は30代から上昇し、ピークとなるのが40代後半とされています。40歳以上の女性はすべて、定期的に乳がん検診を受けることが望まれます。

乳がん歴のある家族がいる

乳がんには、遺伝的要素も指摘されています。

一親等以内の家族、つまり母親に乳がんの既往歴がある人は、リスクが高いといえるでしょう。

また過去に、良性であっても乳腺疾患にかかったことのある人も、遺伝子変異を起こしやすいため注意が必要です。

初潮年齢や出産歴との関係

 乳がんには、卵胞ホルモンのエストロゲンが大きく関わっています。わかりやすくいえば、生理のある期間が長ければ長いほど、エストロゲンにさらされている期間が長いということになります。

そのため、初潮年齢が平均よりも早かった人(11歳以下)、初産年齢が30歳以上の人、出産歴のない人、そして閉経年齢が遅かった人(55歳以上)は、乳がんになりやすいグループといえます。

その他、ピルを長期間使用していた人、閉経あたりにホルモン補充療法をおこなっていた人も、エストロゲンの影響を大きく受けるため、リスクが高まるとされています。

閉経後に肥満になった

 肥満は、あらゆる病気の因子となりますが、乳がんにおいてはおもに閉経後に体重が増えた場合、発生率が上昇すると考えられています。

閉経後は、卵巣からではなく脂肪組織からエストロゲンが作られるようになるためです。脂肪組織が多ければ多いほど、エストロゲンがたくさん分泌されます。

日本女性が、欧米女性と比べると閉経後の乳がんが少ないのは、肥満があまり見られないからともいわれています。


 上記のほかにも、高身長の人や、飲酒量の多い人、喫煙している人なども乳がんの発生率は上がります。

いずれの女性も、できれば30代から、少なくとも40歳を過ぎてからは必ず年に1度は乳がん検診でチェックをしましょう!

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ