乳がんにかかりやすい年齢・年代

乳がんの基礎知識

乳がんにかかりやすい年齢・年代

乳がんのガイド

乳がんかかりやすい年齢・年代について解説しています!

 乳がんは、おもに30代の後半ごろから一気に発症率が上昇し、ピークを迎えるのは40代後半というのが定説です。次いで、50代、60代と続きます。

しかし最近では、若い女性にも多く見られるようになりましたので、油断はできないといえるでしょう。

40代に乳がんが多い理由

 ある程度長い期間、エストロゲンの影響を受けつづけてきた30代後半以降の女性が、もっとも乳がんにかかりやすい年代といえます。

特に40代になると、閉経に向けて体が徐々に変化するため、女性ホルモンの分泌が不安定になるのも一因ではないかと考えられています。

国立がんセンターによると、乳がんの平均罹患年齢は、49歳とのことです。ちょうど更年期にあたる世代であり、さまざまな体の不調を感じる時ですが、同時に乳がんのチェックも怠らないようにしましょう。

また、更年期障害の緩和に用いられる「ホルモン補充療法(HRT)」も、長期間続ければ続けるほど、エストロゲンの作用を受けやすくなり、乳がんリスクが上昇します。

閉経後の女性は肥満に注意

 基本的に日本では、閉経後の女性は乳がんにかかりにくいとされてきました。しかし近年、食生活やライフスタイルの変化にともなって、その常識は崩れつつあります。

閉経後は、乳がんに影響を与える「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が、卵巣から分泌されなくなります。

その代わり、副腎から分泌される男性ホルモンである「アンドロゲン」が、脂肪組織でエストロゲンに変換されるのです。

つまり、閉経後の女性においては、脂肪が多ければ多いほど、エストロゲンの分泌量が増えることになり、乳がんリスクが高まるといえるでしょう。

乳がんは若い女性にも増えている!

 以前までは、20〜30代の女性には少ないとされてきた乳がんですが、食生活の欧米化などによって、発症率は年々増えています。

現代の女性は、一昔前の女性たちと比べて、喫煙率や飲酒率が上がっている一方、初婚年齢や初産年齢は遅くなるばかりです。結果、乳がんにかかりやすい時代になったといえます。

特に、母親に乳がんの既往歴がある人は、若いうちから検診を受けるよう心がけたいものです。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ