乳房パジェット病とは

乳がんのガイド

乳房パジェット病という病気について解説しています!

 乳房パジェット(ページェット)病とは、乳頭や乳輪に、びらん(ただれ)をともなう湿疹が見られる病気です。非常に珍しい乳がんのタイプであり、乳がん全体の1〜2パーセント程度といわれています。

しこりもなく、また皮膚病との区別がつきにくいことから、正しい知識をもって早期に受診することが望まれます。

パジェット病とは?

 乳がんの中でも、がんがまだ乳管内にとどまっているものを「非浸潤性がん」と呼びます。

やがて乳管から、周りの組織や脂肪に浸潤していくのが通常ですが、がん細胞が乳管内を突き進んで乳頭まで達し、表皮に現れたものがパジェット病です。

かかりやすい年齢としては、一般的な乳がんよりやや遅く、50代にもっとも多く見られます。ついで60代、40代と続きますが、稀に若い世代でも発症しますので注意が必要です。

パジェット病の症状

 初期症状としては、乳頭や周辺の皮膚に、かゆみをともなう紅色の湿疹ができるケースが大半です。中には、かゆみのみで湿疹が出ないこともあります。

進行するにしたがって、乳頭が変形していき、乳輪の境目がはっきりしなくなります。さらに進むと、乳房全体が湿疹やただれで覆われるまでに変化します。

かゆみと湿疹から始まるため、真菌からくる皮膚疾患と間違えられやすいのが特徴です。皮膚の治療をおこなっても改善は見られませんので、思い当たる人はパジェット病を疑ってみる必要があります。

パジェット病の診断

 皮膚炎とまぎらわしいため、視診だけで診断がつくことはほとんどなく、がん細胞の有無をたしかめる生体検査をおこなうのが基本です。乳頭からの分泌物や、皮膚の細胞を顕微鏡で調べます。

多くは非湿潤性ですので、転移の可能性は低いですが、稀に湿潤性の場合もあるため、リンパ節への転移についても検査をします。

パジェット病の画像診断

乳がんは画像診断で見つかることも多くありますが、パジェット病の場合は画像では見つけることができないことが多くあります。

パジェット病は、乳頭のみにみられる場合もあれば、乳房内に広範囲に広がっているものまでさまざまです。パジェット病が乳頭周囲にのみみられる場合は、画像ではうまく映らないことも少なくありません。

マンモグラフィーでもパジェット病の病変を捉えられないこともありますし、超音波検査でも描出されないこともあります。

その場合は、MRIが乳頭部分の異常やパジェット病の病変をかなり描出できるので、手術前に温存療法が可能かどうかの診断には有用とされています。

パジェット病の治療

 基本的に、手術によるがん細胞の切除がメインですが、患部の位置や症状によって、他の方法が選択されることもあります。

放射線治療や、抗がん剤の局所注射、レーザーによる焼灼や、液体窒素を用いた凍結療法などです。

また近年では、免疫療法であるインターフェロンが用いられるケースも増えています。

パジェット病は、乳がんの中でも転移の可能性が低く、完治が期待できる病気です。そのためにも、早期に適切な診断と治療を受けることが大切といえるでしょう。

また、手術を行う場合は、美容面でのことを考えて乳房温存療法が選択されることが多いのですが、パジェット病の進行程度や広がり具合によっては、乳房全体を切除しないといけない場合もあります。

パジェット病は、がんの進行状況によって次のように治療方法が選択されます。

がんが表皮内にとどまっており、切除が可能な場合は原発巣の切除手術を行いますが、もし切除が不可能と診断された場合は、光線力学的療法(レーザー治療)や放射線療法などによる治療を行います。

がんが表皮を越えて広がっている場合は、リンパ節転移がみられるかどうかで治療方法が異なります。

がんが表皮を越えて広がっていても、リンパ節転移がみられない場合は、がんが表皮内にとどまっている場合と同じ治療方法を選択することが可能です。

しかし、リンパ節転移がみられる場合は治療方法が異なってきます。片側リンパ節転移がみられ、遠隔転移がない場合は、原発巣とリンパ節を除去(リンパ節郭清)する手術を行います。

がんのリンパ節転移がみられ、なおかつ遠隔転移がみられる場合、もしくは、遠隔転移はみられないものの両側リンパ節転移がみられる場合は、抗がん剤治療と緩和手術、放射線治療が行われます。

放射線療法

体外から高エネルギーのX線を照射します。そうすることで、がん細胞を死滅させることができます。

パジェット病では、外科手術の後に補助的に行われる場合もありますが、手術が不可能と診断された場合に行われることもあります。

光線力学的療法(レーザー治療)

レーザー光線を当てることでがん細胞を死滅させ、がんを小さくします。

光線力学的療法を行う場合は、がん細胞に集まりやすく、留まりやすい性質を持つ薬剤を静脈に注入して、しばらく時間をおいた後に薬剤が集まった場所にレーザー光線を当てます。

手術が不可能な場合などに行われることがありますが、保険適用ではありません。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ