乳がんの症状

乳がんの症状

乳がんの症状

乳がんのガイド

乳がん症状について解説しています!

 乳がんには、しこりのほか、乳首や皮膚などにさまざまな症状が現れることがあります。早期発見、早期治療のためにも、気になる症状がある場合は念のため乳腺外科を受診するようにしましょう。

しこり

 乳がんのもっとも代表的な症状が、乳房のしこりです。大体1センチほどの大きさになると、セルフチェックでも気づくことができます。

しかし、しこりのすべてが乳がんではなく、むしろ9割が乳腺症など他の病気ともいわれます。特に、痛みをともなうものは乳腺症の可能性が高いといわれています。

乳がんのしこりは「硬く、表面がごつごつしており、境界がはっきりせず、押しても動きにくい」のが特徴です。

ほとんどの場合、痛みはありません。触っただけでは良性か悪性かの区別はつかないため、一度受診して検査を受ける必要があります。

また、わきの下のしこりはリンパの腫れによるものが多く、良性であることがほとんどです。

乳頭からの異常分泌

 しこりと並んで多い症状が、乳首からの分泌物です。中でも、乳白色や黄色ではなく、血の混じったような色が多く見られます。

乳がんの発生している方の乳房からのみ分泌されるため、両乳首からではなく、片側からだけの分泌である点もポイントです。特定の乳管口から出ている場合は、なお可能性が高まります。

このような症状は、ごく初期の乳がんである「非浸潤がん」のサインの場合が多いため、すみやかに受診しましょう。

非常に似た疾患に「乳管内乳頭腫」がありますが、こちらは良性です。見分け方はかなり困難とされています。

えくぼ症状や皮膚の変化

  がん細胞が皮膚近くまで達すると、周辺組織を引き込むために、乳房の一部がえくぼのようにくぼむことがあります。

その場合、えくぼのできている部分のすぐ近くにしこりがある場合がほとんどです。良性疾患でえくぼができることはあまりないため、思い当たる症状のある人はすぐに受診しましょう。

その他、リンパ節に転移している場合は、リンパ節が肥大し、腕にむくみやしびれをきたすことがあります。原因不明の腕の違和感がある場合も、乳がんを疑ってみる必要があるでしょう。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ