乳がんの初期症状

乳がんの症状

乳がんの初期症状

乳がんのガイド

乳がん初期症状について解説しています!

 乳がんは、初期症状が少ないことで知られています。

特に、まだしこりのできない早期の「非浸潤性がん」の場合、症状から発見するのは非常に難しくなります。やはり定期的な検診がもっとも確実といえます。

以下は、わりと初期から現れる症状になりますが、すでに浸潤している可能性もあるため、思い当たるものがあればすみやかに受診することが大切です。

しこり

 乳がんの初期症状として、約8割の女性に見られるのが「しこり」です。

5ミリ〜1センチほどになれば、セルフチェックで気づくことができますので、ぜひ定期的にしこりの有無を確認しましょう。

特に、硬くて境界線がはっきりとしない、指で押しても逃げないしこりの場合、乳がんの可能性が高くなります。

乳頭からの分泌液

 乳首から血液の混じったような分泌液が出る初期症状もあります。しこりなど、他に目立った症状がないことも多いため、軽く考えずに受診することが大切です。

このような分泌物が見られた場合、調べてみると、もっとも多いのが「乳管内乳頭腫」ですが、乳がんも一定の割合を占めています。

さらにその多くが、ごく初期段階である非浸潤性がんです。この段階で発見できるのは、むしろラッキーともいえるため、体からのサインととらえて見逃さないようにしましょう。

皮膚の変化

 乳房の皮膚に、えくぼのようなへこみが見られる場合も、乳がんの可能性が疑われます。皮膚のすぐ近くまでがん細胞が到達しているしるしですので、早めに受診しましょう。

その他、皮膚に腫れやむくみ、痛みや熱が見られる場合も要注意です。

中でも、乳頭周辺にただれや赤みをともなう「パジェット病」や、同じく乳頭周辺に赤みや腫れをともなう「炎症性乳がん」などは、皮膚疾患と間違われることも多いため、注意が必要です。

いずれのタイプの乳がんでも、いかに早く発見して、適切な治療を開始できるかによって、その後の生存率は大きく異なります。

乳房に関しては、少しでも気になる症状があれば、念のため乳腺外科にかかってみることをおすすめしますm(_ _)m

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ