乳がん特有の痛み

乳がんのガイド

乳がん特有の痛みについて解説しています!

 乳がんは、しこりがあっても痛くないとされていますが、実際には例外もあります。痛みを訴えて受診したところ、乳がんが見つかったという患者さんも一定数いるのです。

確かに数はそれほど多くありませんが、「乳がんは痛くないもの」という固定観念を持ちすぎると、早期発見を見逃してしまう可能性もあるため、「痛い場合もある」という認識をもちましょう。

乳房の痛み

 痛みがきっかけで乳がんの発見に至った患者さんからは、「片側の乳房だけが、チクチクと痛んだ」「奥のほうに刺すような痛みが1週間続いた」などの声が聞かれます。

人によっては、痛みの後でしこりが出てきたケースもあるようです。真偽は定かではありませんが、がん細胞が浸潤を始めたころに痛みをともなう、とする説もあります。

乳房の痛みは、乳腺炎などの良性疾患によるものであることがほとんどですが、中には乳がんのサインである場合もありますし、また帯状疱疹の可能性もあります。

「これが乳がんの痛み」というものは、まだ確定されていませんが、気になる痛みがあれば念のために受診しましょう。

炎症性乳がんの痛み

 進行が早く、悪性度の高い炎症性乳がんでは、乳頭およびその周辺の皮膚が熱をもち、痛みを感じることがあります。

むくみや腫れが起こり、オレンジの皮のように毛穴が目立ってきますので、ある意味では分かりやすいのですが、急性乳腺炎と間違われることも多くなっています。

パジェット病の痛み

 パジェット病では、乳頭周辺にただれや発疹が現れ、かゆみや痛みを生じることがあります。非浸潤性であることが多く、早期に発見できれば完治できる乳がんです。


 以上のように、炎症性乳がんも含めて、乳頭近くの皮膚に何らかの赤みや痛みを認めた場合は、皮膚炎や乳腺炎と同時に、乳がんの可能性も疑うようにしたいものです。

よくある間違いとしては、月経前のPMS症状(月経前症候群)の胸の痛みだったり、しこりを調べていて肋骨を押したことで痛みを感じたりすることもあります。

「特に胸を押さなくても、しばらく痛みが続く」場合は、念のために専門の医院を受診しましょう!

乳がんと間違われやすい良性乳腺疾患について

乳がんと間違われやすい良性乳腺疾患には、乳腺症や乳腺炎などがあります。それぞれの特徴について解説したいと思います。

乳腺症

乳腺症になると、乳房の痛みやしこりや痛みなどの症状がみられます。

そのため、乳がんと間違われやすいのですが、乳腺症は乳がんとは全く別のものですし、乳腺症になったからといって乳がんになりやすいということはありませんので、過度に心配する必要はありません。

乳腺症の原因はホルモンバランスの乱れと考えられています。正常な乳腺は、成長や加齢とともに変化する女性ホルモンのバランスに伴って発達したり、縮小したりしています。

しかし、女性ホルモンのバランスが乱れると、乳腺の組織が異常に増殖し、小さなしこりができたりして、乳腺症を引き起こす可能性があるのです。

乳腺症というと、何らかの病気のようなイメージがあるかもしれませんが、最近では乳腺症については治療が必要な病気としては扱わなくなってきました。

そのため、病院で「乳腺症」と診断されても、多くの場合は経過観察のみで治療の必要はありませんし、医師によっては「乳腺症」とは診断せずに、「異常なし」と診断することもあります。

ですから、乳腺症の場合は必ずしも病院に行く必要はないのですが、しこりや痛みなどの症状だけでは乳腺症と乳がんとの区別はつきにくいのが実情です。

そのため、乳腺症の診断には乳がんと同様の検査をすることが必要になります。

乳腺炎

乳腺炎とは、乳腺が炎症を起こすことをいいます。特に出産後に乳管が軽く詰まったり、赤ちゃんがお乳を吸う力が弱かったりして乳汁がうまく排出できずに乳腺内に留まると、炎症が起きやすくなります。

しかし、授乳期間中でなくても乳頭や乳輪などに傷が生じた場合に、その傷口から細菌が入って炎症が起こり、乳腺炎になることがあります。

乳腺炎になると、乳腺に炎症が起きるために、乳房に発赤や腫れ、痛み、発熱がみられるようになります。また、しこりができて、ちょっと触っただけでも激痛が走ることがあります。

乳腺炎は、しこりや痛みなどの乳がんと似た症状がみられるために、素人判断ではどちらか区別が付かないこともありますが、病院で検査をすることで乳がんかどうか確認することができます。

検査方法としては、血液検査で白血球やCRP値を調べ、場合によってはマンモグラフィーや超音波検査を行うことがあります。

また、膿汁を採取して菌を特定するなどして、炎症性の乳がんではないか確認を行うこともあります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ