乳がんの検査・診断方法

乳がんの検査・診断

乳がんの検査・診断方法

乳がんのガイド

乳がん検査・診断方法について解説しています!

 乳がんの検査には、さまざまなものがありますが、まずは医師による視触診、そしてマンモグラフィ超音波検査が基本です。その後、必要に応じてより詳しい検査をおこないます。

乳がんの基本的な検査

 乳がん検診に行くと、まずは医師が乳房を視診触診でチェックします。

これに抵抗感があって、行くのに勇気のいる人は、女性医師のいる病院を選ぶと安心でしょう。皮膚や乳房の形を医師の目と手で確認することは、大変重要な検査です。

マンモグラフィその後、専用の部屋へ通され、マンモグラフィの検査を受けます。

アクリル板で乳房を挟み、平らに押しつぶしたような状態で撮影するため、人によっては痛みを感じることもありますが、しこりや石灰化などの病変を発見するために、とても大切な検査です。通常、脂肪組織は黒く写り、しこりや石灰化があると白く写ります。

ただし、50歳以下のまだ乳腺が発達している若い世代では、全体的に画像が白っぽく写ることがあり、正確な診断がつかない可能性もあります。そのため、多くの病院では超音波検査を併用しています。

超音波検査では、医療用ジェルを塗った上から、「プロープ」という超音波照射装置をあてて、乳房の中を映し出します。しこりの形や周りの状態、また良性か悪性かの判断がつきやすく、非常に有効な検査といえるでしょう。

マンモグラフィと超音波でも診断がつかない場合は、さらにMRI検査をおこなうこともあります。

その他の乳がんの検査

 乳頭からの分泌物がある場合、乳管を調べる検査がおこなわれます。

乳管造影検査」では、分泌物が出ている乳管口に、ごく細い管を入れて、造影剤を注入してからマンモグラフィ検査をします。

乳管をはっきり映し出すことができ、狭くなっている箇所があるかどうかを調べることが可能です。

乳管内視鏡検査」では、乳管口にカメラのついたファイバースコープという細い管を入れて、直接乳管の中をチェックします。似た症状である「乳管内乳頭腫」との区別もつきやすいとされています。

一通りの検査の後、乳がんの可能性が疑われる場合には、病変の一部を採取して生体検査をおこなうのが一般的です。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ