乳がんの乳管内視鏡検査

乳がんの検査・診断

乳がんの乳管内視鏡検査

乳がんのガイド

乳がん乳管内視鏡検査について解説しています!

 乳頭からの異常分泌がある場合、乳管造影法(乳がんの乳管造影法)に引き続いて、乳管内視鏡を挿入し、さらに細かくモニターで確認するのが「乳管内視鏡検査」です。

腫瘍が見つかれば、そのまま組織を採取して、病理検査をおこなうことも可能です。この検査により、乳がんと乳管内乳頭腫との区別もつきやすいとされています。

乳管内視鏡検査の目的

 乳頭からの分泌物でもっとも注意する必要があるのが、血液の混じったような「血性分泌物」です。

その多くは、乳管内に腫瘍ができるためであり、腫瘍からの出血が、乳管を通って乳頭から出てくると考えられます。

良性と悪性の場合があり、たとえば乳管内乳頭腫は良性の腫瘍です。乳管内視鏡検査で病変組織を採取し、調べることによって、乳がんとの区別がつきやすくなります。

乳管内視鏡検査の方法

 通常、器具で拡張した乳頭の開口部から、ファイバースコープを挿入し、テレビモニターで直接、乳管の内部を確認します。

腫瘍が発見された場合は、内視鏡についた針を用いて組織を採取し、病理検査へとまわされます。

乳管内視鏡検査で使われるファイバーは、1ミリ以下と髪の毛ほどの細さで、イメージより痛みも少ないのが特徴です。

胃カメラなどに使われるファイバーが約7ミリであることを考えると、非常に極細といえるでしょう。

他の検査結果にもよりますが、乳がんの疑いが認められた場合は、分泌が起こっている乳管が所属する「腺葉(乳管の集まり)」を切除して、さらに病理検査をおこなうのが一般的です。

その結果、必要に応じて追加の手術や、放射線療法などが選択されます。

乳管内視鏡検査のメリット

 小さな腫瘍も見つけることができ、乳がんはもちろん、その他の乳管における病変についても早期発見につながる重要な検査です。乳がんの場合、乳頭への進展状況なども確認することができます。

まだしこりに触れない段階で発見できる乳がんのほとんどは、ごく早期の非浸潤性がんであり、完治の可能性も非常に高いものです。

乳頭からの異常分泌が見られた場合には、すみやかに受診し、乳管造影や内視鏡検査を受けることが重要です。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ