乳がん検診と費用

乳がんの検査・診断

乳がん検診と費用

乳がんのガイド

乳がん検診費用について解説しています!

 乳がん検診にかかる費用は、年齢や、検査の内容によって異なってきます。また自治体の検診と、個人的に病院にかかるのでもかなりの金額差が生じるものです。以下を参考に、大まかな目安としてください。

また、乳がん検診と、何らかの自覚症状があってかかる場合では扱いが変わります。後者は通常の診察となり、保険が適用(3割負担)されます。

地方自治体による乳がん検診

 40歳以上の女性は、自治体がおこなう検診を受けることができます。

地域によって条件は異なりますが、おもに偶数歳の時に年に1度おこなわれるのが一般的です。負担としては、無料〜3,000円ほどです。

1年おきですので、タイミングを逃さないことが大切です。また、自治体によってはこのほかにも、特定の年齢の女性に対して無料クーポン券を発行していることがあります。

内容としては、視診・触診・マンモグラフィが主です。また会社に勤めている方で、職場健診を受けられる場合は、そちらが優先されます。

自費負担による乳がん検診

 40歳未満の女性は、個人的に検診を受けることになります。乳がん検診は法定検診ではないため、全額自己負担が基本です。

医療機関によってもまちまちですが、マンモグラフィ検査と超音波検査の場合、それぞれ5,000円前後が多く、セットで10,000円前後が相場となっています。

これらのほかに、診察料や初診料(再診料)などが加わると、総額で20,000〜30,000円ほどになることも多く、かなりの費用がかかるため、事前に大体の金額を問い合わせてみると良いでしょう。

今や日本女性にもっとも多いがんなだけに、30代から自治体による検診を受けられるようになることが望まれます。

より詳しい乳がん検査

 マンモグラフィや超音波のほか、必要に応じてさらに精密な検査を受けることもあります。これらの検査に至る場合は、ほとんどが保険適用(3割負担)となります。

たとえば、しこりや病変の一部を採取して調べる、細胞検査や組織検査では、保険適用で2,000円前後が多いです。もっとも高額になるのはMRI検査で、こちらは10,000〜15,000円の間が相場です。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ