乳がんのセンチネルリンパ節生検

乳がんの検査・診断

乳がんのセンチネルリンパ節生検

乳がんのガイド

乳がんセンチネルリンパ節生検について解説しています!

 乳がんの中には、リンパ行性転移といって、乳房の周囲にあるリンパ節から、わき下のリンパ節を通って全身に広がるタイプがあります。

その際、がんの病巣から流れ出たリンパ液が、最初に入り込むリンパ節が「センチネルリンパ節」です。

ここに転移がないかどうかを調べ、わき下のリンパ節を郭清するかどうかを判断する検査を「センチネルリンパ節生検」といいます。

なぜ生検が必要なの?

 従来まで、リンパ節は全身転移の根源と考えられていたため、乳がんが見つかったら、わきの下のリンパ節は郭清されるのが一般的でした。

その段階で転移がなくても、念のために取ってしまったほうが予後が安心とされていたのです。

しかし、わき下のリンパ節を切除すると、体内の水分の通り道がなくなることから、リンパ浮腫(むくみ)などの後遺症が起きやすく、術後に腕が腫れるなどの問題がありました。

さらに近年の研究で、リンパ節郭清を行っても行わなくても、転移率や生存率はさほど変わらないことが判明し、その是非が問い直されたのです。

そこで、まずは腫瘍からたどっていき、最初にがん細胞が入り込むであろうリンパ節を調べて転移の有無を確認する、センチネルリンパ節生検が広くおこなわれるようになりました。

センチネルリンパ節生検の方法

 通常は、乳房を切除する手術と同時におこなわれますが、センチネルリンパ節生検のみを外来などでおこなうこともあります。

放射線医薬品であるラジオアイソトープを使う方法と、青い色素を使う方法があり、どちらも組み合わせる病院もあります。

ラジオアイソトープを乳輪と腫瘍の近くに注射し、ガンマプロープという放射線の検出器を使って、センチネルリンパ節を検出します。色素法では、青い色素を乳輪に注射して、どのリンパ節に届くかを調べます。

場所が特定できたら、真上の皮膚を切開し、センチネルリンパ節を切除。その場で検査し、転移が見られなければ縫合して終了します。転移があった場合は、さらに切開し、ワキ下のリンパ節を郭清します。

乳房切除術と同時におこなう場合は、同じ傷口から検査できるため、新たな切除は必要ありません。

問題点としては、非常に高度な技術を要することから、センチネルリンパ節を発見できないケースがあること、また転移が認められなかったのに、後にわきの下に腫れが見られる患者が稀にいること、などが挙げられます。

しかし、不要な郭清を避けられる可能性が高いため、現在では広くおこなわれている方法です。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ