乳がんの乳房再建手術

乳がんの治療法

乳がんの乳房再建手術

乳がんのガイド

乳がん乳房再建手術について解説しています!

 女性にとって、乳房は特別な器官です。女性の象徴であり、見た目にも目立つものであることから、乳がんの全摘術で乳房を失った精神的苦痛は、非常に大きなものになります。

QOL(生活の質)を良くするためにも、術後、人工的に乳房を作る「乳房再建手術」を選択する患者さんが多く、その技術も年々向上しています。

乳房再建手術の方法

 たとえばプールや温泉に行く際や、薄手の服やドレスを着る際、どうしても胸のふくらみの有無が目立ってしまいます。

胸元を見られるのが嫌で、外出を控える患者さんもおり、QOLの低下が心配されます。

乳房再建手術を受けることで、術前と同じように気兼ねなく活動できる患者さんも多いようです。

方法としては、シリコンバッグなどの人工材料を挿入するもの(インプラント法)や、他の部位にある脂肪を、胸に移植する方法(筋皮弁法)が主になります。

インプラント法では、乳房の摘出時に風船のようなバッグを入れ(一期再建)、数ヶ月後、皮膚が十分に伸びた時点でシリコンバッグなどと入れ替える(二期再建)「ティッシュ・エクスパンダー法」が広く行われています。

現在ではサイズの調整も細かくでき、自分の元の胸とほぼ同じ大きさにすることが可能です。

筋皮弁法では、背中から直接、皮下トンネルを通して胸に組織を移植する「広背筋皮弁法」や、同じようにおなかから移植する「直筋皮弁法」があります。

その他、美容整形などで行われている、好きな部位から脂肪吸引をして、それを胸に注入する方法も選択できます。

乳房再建手術のメリットとデメリット

 シリコンバッグなどの人工材料は、好きな大きさに調整できるのがメリットですが、やはり見た目や感触がやや不自然と感じることがあるのと、数年ごとに取り換える必要がある点がデメリットといえます。

一方、筋皮弁法では自家組織を使うため、安定度やナチュラルさでは優れていますが、背中など脂肪の少ないところから移植する際は、脂肪の量に限界があることと、おなかの場合は傷跡が残ってしまうことがデメリットとして挙げられます。

しかし、乳房を元通りの形にすることは、女性にとって非常に意味のあることです。自分に合った方法を選び、充実した生活を手に入れましょう。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ