乳がんのホルモン療法

乳がんの治療法

乳がんのホルモン療法

乳がんのガイド

乳がんホルモン療法について解説しています!

 外科手術以外のがん治療といえば、多くのがんでは抗がん剤や放射線治療が主ですが、乳がんの場合はホルモン療法を行える点がメリットです。

しかし、すべての乳がんに適用されるわけではなく、女性ホルモンの受容体をもつがん細胞が対象となりますが、乳がん全体の約7割以上がこのタイプです。

エストロゲンに働きかける薬

 乳がんには女性ホルモンのエストロゲンの働きが大きく関わっています。

このエストロゲンの刺激によってがん細胞が増殖するタイプを「ホルモン感受性(依存性)乳がん」と呼び、ホルモン療法の対象となります。

病理検査によって、エストロゲン受容体、もしくはプロゲステロン受容体が検出されれば、ホルモン感受性があると判断されます。

ホルモン療法では、エストロゲンの産生や作用を阻害する薬を用いて、がん細胞を死滅させます。単独で行う場合もありますし、抗がん剤や分子標的治療薬と併用するケースもあります。

治療期間は長く、術前術後合わせて5年間は継続して行うのが一般的です。

閉経前と閉経後で薬が異なる

 ホルモン療法で使用する薬は、患者さんが閉経前か閉経後かによって異なります。両者では、エストロゲンの産生の仕方が異なるためです。

閉経前の女性では、エストロゲンは卵巣から分泌されますが、閉経後は、副腎皮質から分泌されるテストステロンという男性ホルモンが、「アロマターゼ」という酵素によってエストロゲンに変換されます。

そのため、閉経前の患者さんには、エストロゲンが卵巣内で産生されないようにする「LH-RHアゴニスト製剤」を、閉経後の患者さんにはテストステロンからエストロゲンへの変換をブロックする「アロマターゼ阻害薬」を用います。

その他、エストロゲンの作用を抑える「抗エストロゲン薬(タモキシフェンなど)」は、どちらの場合にも使用が可能です。

閉経前はLH-RHアゴニスト製剤と併用されることも多いのですが、閉経後はアロマターゼ阻害薬の方が有用であるとの見方が強まってきています。

ホルモン療法により、がん細胞へのアプローチ方法が増えたことは、治療において大きな有用性があるといえます。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ