乳がんの治療ガイドライン

乳がんの治療法

乳がんの治療ガイドライン

乳がんのガイド

乳がん治療ガイドラインについて解説しています!

 乳がんの治療には、いくつかのガイドラインが存在し、医師はそれを参考にして治療の方針を立てます。

アメリカのNCCNという団体のガイドラインが有名ですが、日本国内にも「日本乳癌学会」が示すガイドラインが存在します。

あくまで標準治療を示したものであり、実際の治療は患者さんの状態や希望によっても変わってきます。

乳がんの治療ガイドラインはさまざま

 多くのガイドラインでは、1つひとつの治療法に対して「推奨グレード」というものが設定され、簡単にいうと、治療法の「おすすめ度」が分かるようになっています。

たとえば「こういう症例ではどのような治療法が良いか?」という設問に対し、NCCN、日本乳癌学会ともにAやCといったグレードを付して、ガイドラインを作っているのです。

2年に1度、世界中の乳がん専門医がスイスに集って開催する「ザンクトガレン乳がん国際会議」も、各国のガイドラインに大きな影響を与えています。

実際は国によって、考え方や経済状況などが異なるため、ガイドラインもさまざまです。日本では、複数のガイドラインに基づいて診療を行うのが一般的です。

ガイドラインは標準治療を示したもの

 各国の治療ガイドラインを覗いてみると、たとえば「閉経後のホルモン感受性早期乳がんに対して、タモキシフェン(抗エストロゲン薬)とアロマターゼ阻害薬ではどちらが有用か?」といった設問があります。

これに対して、日本乳癌学会とNCCN、いずれもアロマターゼ阻害薬を推す回答をしています。

そのため、医師はガイドラインに基づき、アロマターゼ阻害薬のほうを優先させる可能性が高い、ということになります。

設問によっては、団体ごとに回答が異なる場合も当然あり、その時は推奨グレードも参考にしながら、より有効な治療法を検討することになります。

しかし治療ガイドラインで提案されているのは、それぞれの状態に対して、現時点で最善とされる標準治療です。

患者さんによっては必ずしも効果が出るとは限りませんし、何より患者さん自身の価値観や希望も尊重されるべきものです。

治療薬を検討する際も、少しでも生存率が高いものを選びたいという人もいれば、数パーセント上がる程度なら、副作用の少ない薬のほうを使いたいという人もいます。

医師と十分に話し合った上で、患者さん自身が納得できる治療法を選ぶのも大切なことです。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ