乳がんにかかる治療費

乳がんの治療法

乳がんにかかる治療費

乳がんのガイド

乳がんにかかる治療費について解説しています!

 がん治療では、費用面も患者さんの大きな悩みとなります。乳がんでは、各種検査と手術までは、だいたい他のがんの治療費と似たような金額になりますが、その後の補助療法によって総額は異なってきます。

実際は保険が適用される治療法が多く、また高額療養費制度もあります。事前に病院や、加入している保険の窓口に相談の上、おおまかな金額を知っておくと安心です。

公的な保険が適用される治療

 乳がん治療において、社会保険や国民健康保険が適用されるものは以下の通りです。金額はあくまで目安であり、実際は医療機関によって異なります。カッコ内は、3割負担の金額です。

外科手術(全摘術・温存術とも)
…1〜2週間の入院で、約60〜70万円(20万円)

放射線療法 …25回で約30万円(10万円)

ホルモン療法(抗エストロゲン薬)
…5年間の投与で約85〜100万円(約10万円)

ホルモン療法(LH-RHアゴニスト製剤)
…2年間の投与で約130万円(約40万円)

抗がん剤治療(CMF)…半年間で約10万円(約3万円)
抗がん剤治療(AC+T)…半年間で約70万円(約25万円)

公的な保険が適用されないもの

  健康保険の適用外になるものとしては、まず差額ベッド代や、入院中の諸費(衣類代やクリーニング代、テレビ代など)が挙げられます。

医療費としては、たとえば乳房再建術は審美的な意味合いが強いとして、自費負担となります。

また、温存術における「鏡視下腋窩清術」(内視鏡を使ってワキ下リンパ節を郭清する方法)や、「重粒子線治療」(がん細胞をピンポイントで狙い撃ちできる、最新の放射線療法)といった高度先進医療も、保険の適用対象外となります。

医療費の公的扶助

  日本では、1ヶ月の医療費が自己負担額の上限を越えた場合、差額については支払わなくても良い「高額療養費制度」があります。

社会保険の場合は会社の担当者へ、国民健康保険の場合は役場へ申請すると、前年の年収に応じた自己負担額が決定されますので、ぜひ相談しましょう。

あくまで1ヶ月ごとの計算になるため、たとえば入院が月をまたいだ場合は、免除される額に違いが出てくることがあります。

できるだけ同じ月内で入院を済ませることが、もっとも負担額を抑えることができます。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ