乳がんの放射線療法

乳がんの治療法

乳がんの放射線療法

乳がんのガイド

乳がん放射線療法について解説しています!

乳がん放射線療法 乳がんにおける放射線療法は、おもに術後、再発防止を目的として行われます。

また、手術ができない進行乳がんや、転移・再発した乳がんの緩和ケアとしても選択されています。

放射線は、DNAを切断することで、がん細胞を死滅させるものです。抗がん剤と同様、放射線には正常な細胞を傷つけるリスクがありますが、病巣を的確に狙って照射すれば、他の組織にダメージを与えずに済む点がメリットといえます。

乳がん手術後の放射線治療

 温存術や全摘術の後、取り除ききれなかったがん細胞の再発予防を目的として、放射線照射が行われます。特に温存術は、放射線治療とセットになることがほとんどです。

術後、放射線を照射したグループと、そうでないグループの経過をみると、前者のほうが25パーセントほど再発率が下がったことが分かりました。

特に温存術では、ある程度がん細胞が残ってしまうことを前提としており、放射線療法とセットにすることで完了すると考えられています。

全摘術でも、約2〜3割の患者に局所再発が見られますが、放射線療法で3分の1にまで減らすことができるとされています。

特に、リンパ節転移が複数みられた人や、しこりが5センチ以上だった人などは、放射線治療が積極的に行われています。

進行乳がんの術前治療として

 手術が難しい進行乳がんでは、通常、抗がん剤を使用することで腫瘍を小さくしてから手術に持ち込むのですが、何らかの理由で抗がん剤が使えない、もしくは無効だった場合に、放射線治療が選択されます。

うまく腫瘍を縮小できれば、手術を行うことが可能になります。

再発や転移性乳がんの治療として

 おもに緩和ケアとして用いられます。転移による痛みがある場合、患部に放射線を照射すると、がん細胞が縮小し、症状を和らげる効果があります。

放射線のリスクについて

 放射線治療では、画像検査などの結果から、的確な場所に適量を照射できるよう、綿密な計画が立てられます。正常な部位に照射しないよう、入念に準備をするため、副作用も最小限に抑えることが可能です。

副作用としては、おもに皮膚の赤みや、水ぶくれなどがありますが、半年後には消える一時的なものであることがほとんどです。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ