乳がんの緩和ケア

乳がんの治療法

乳がんの緩和ケア

乳がんのガイド

乳がん緩和ケアについて解説しています!

 がんにおける緩和ケアとは、治療にともなう患者さんの苦痛を和らげ、QOL(生活の質)を向上するための医療です。患者さん本人のみならず、その家族も対象となります。

緩和ケアというとこれまでは、末期の患者さんの痛みを取り除くためのものというイメージがありましたが、今では「診断時から、患者さんを支えるためのケア」という概念が確立されています。

がんであるということだけでも、精神的苦痛は大きいものです。そのため、乳がんの診断がついた時点からケアを受けることができます。

乳がんによる痛みの緩和ケア

 がん治療では、術後の外科的な痛みをはじめ、放射線や抗がん剤治療による副作用の痛み、病状そのものの痛みや、転移した際の痛みなど、さまざまな身体的苦痛があります。

痛みが強いと、精神的につらいだけではなく体力も消耗し、治療の観点からも良くないほか、患者さんのQOLも低下してしまいます。

現在ではモルヒネなどの医療用麻薬を含む、適切なケアを受ければ、ほとんどの痛みは緩和できるといわれています。

これらの使用によって、生存率に悪影響を及ぼすようなこともないため、必要に応じて緩和ケアが行われます。

乳がんによる精神的な緩和ケア

 乳がんを告知された瞬間から、患者さんの心は大きなショックを受けます。

不安や落ち込み、乳房を失うかもしれない恐怖、そして仕事や家庭に与える影響や、人生そのものの意義など、さまざまな思いを巡らせ、あらゆる感情に揺れるのが普通です。それは、患者さんの家族にとっても同じでしょう。

緩和ケアでは、こういった精神的苦痛にも対応します。前向きに治療を続けられるよう、専門家がカウンセリングを行ったり、必要に応じて気持ちを落ち着かせる薬を処方することもあります。

日本では、こうしたケアに対する取り組みが遅れていましたが、最近では、緩和ケア外来を設置する病院や、訪問看護で緩和ケアを提供する病院も増えてきました。

体と心の痛みをできる限り取り除くことで、前向きに治療に取り組めるようにする緩和ケアは、今後もさまざまなアプローチが充実していくものと思われます。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ