乳がんの乳房全摘術

乳がんの治療法

乳がんの乳房全摘術

乳がんのガイド

乳がん乳房全摘術について解説しています!

 乳がんの外科手術の中でも、腫瘍とともに乳房そのものを切除するのが「乳房全摘術」です。

温存術と全摘術の割合は、現在では半々とされています。

温存術では対処しきれない、大きな腫瘍がある場合や、浸潤が広範囲に見られる場合などに選択されるのが一般的です。

全摘術が必要になる乳がんとは?

 病期としては、おもにステージVA期の乳がんに対して行われます。さらに、以下のような条件が目安となります。

(1) 腫瘍が3センチ以上ある

3センチを超える場合は、切除すると乳房の形を保つことが難しいことから、全摘術がすすめられます。

(2) 乳腺内に広く浸潤している

浸潤の範囲が広いと、温存術は難しくなります。

(3) 腫瘍が複数、離れた場所に発生している

まとめて取りきれない時は、全摘術になります。

(4) 放射線治療を受けられない

温存術と放射線治療はセットのため、何らかの理由で受けられない場合は全摘術となります。

 上記のような乳がんでは、乳房ごと切除したほうが転移の可能性も低くなり、安全です。

また年々、乳房を人工的に作る「乳房再建術」が充実してきたこともあって、積極的に全摘術を選ぶ患者さんも増えてきたとの報告もあります。

乳がんのステージがVB期以降になると、手術の有用性ははっきりしなくなり、患者さんによって検討されます。W期以降では、手術が行われることはほとんどありません。

乳がんの全摘術の種類

 全摘術には、胸の筋肉やリンパ節をどこまで残すかによって、手術の内容が変わってきます。

たとえば大胸筋も小胸筋も残し、乳房のみを切除する「単純乳房切除術」は、乳房の外にがんが浸潤していないケースに限ります。

リンパ節を郭清(切除)するかどうかは、センチネルリンパ節生検を行ってから検討します。

もっとも標準的なのが、大胸筋・小胸筋は残しつつ、リンパ節の一部を郭清する「オーチンクロス手術」です。

その他、大胸筋を残して小胸筋は切除する「ペティ法」や、胸筋とワキ下のリンパ節すべてを郭清する「ハルステッド法」などがあります。

がんの浸潤具合にもよりますが、なるべく胸筋は残す方向で考えるのが現在では一般的です。大胸筋が残っていれば、乳房の再建もしやすくなります。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ