乳がんの胸筋温存乳房切除術

乳がんの治療法

乳がんの胸筋温存乳房切除術

乳がんのガイド

乳がん胸筋温存乳房切除術について解説しています!

 乳房全摘術の中でも、もっとも多く行われるのが、胸筋を温存する方法です。「非定型乳房切除術」ともいいます。

大胸筋と小胸筋の両方、もしくは大胸筋のみを残した上で、乳房とリンパ節を郭清(切除)します。

残す胸筋によって手術はさまざま

 乳房は切除するものの、胸筋は残すことで、美容的にも身体的にも最小限の変化にとどめるのが、胸筋温存乳房切除術です。残す胸筋や、リンパ節郭清の程度によって、手術の種類は異なります。

中でも、もっとも標準的なのが「オーチンクロス法」です。

これは、大胸筋・小胸筋をともに残した上で、ワキ下のリンパ節(腋窩リンパ節)を、レベル2といわれる領域まで郭清します。

他には、大胸筋のみを残し、小胸筋と腋窩リンパ節を切除する「ペティ法」や、大胸筋と小胸筋は残しつつ、腋窩リンパ節の郭清を広く行う「児玉法」などが存在し、患者さんの病状によって最適な方法を選択します。

ペティ法では、小胸筋を切除することによって、リンパ節を切除しやすいのがメリットですが、予後が良くなるわけではないことから、現在では「オーチンクロス法」がもっとも多く行われています。

胸筋温存乳房切除術のメリットとデメリット

 従来は、大胸筋ごと切除する「ハルステッド法」が広く行われてきましたが、放射線治療などが確立されてきたことで、胸筋温存乳房切除術のほうが一般的になりました。

メリットとしては、大胸筋を温存できることで、術後のワキ下の凹みなどが少なく済み、皮膚に肋骨が浮かび上がらないなど、胸の変形を最小限に抑えられることが挙げられます。

また、乳房再建手術を行いやすくなるのも大きな利点です。さらに、腕や肩の筋力の低下を抑えるという効果もあります。

デメリットは、リンパ節郭清を行った場合、水分の通り道がなくなり、上腕のむくみが起きやすいことです。

乳房を切除する際に、センチネルリンパ節生検を行い、郭清の必要がないと判断されれば、その心配はありません。

また全摘術の場合は、どんな手術内容であれ腕や肩に違和感が生じることから、術後のリハビリが欠かせません。少しずつ慣らしていけば、1ヶ月後には普通に動かせるようになります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ