乳がんの検査【目次】

乳がんの検査とメリットデメリット

乳がんを早期発見するためには、定期検診を受けることが何より大切です。

乳がん検診では、主に「マンモグラフィ検査(乳房X線検査)」と、「エコー(超音波)検査」が行なわれます。

それらの検査で乳がんの疑いがあると判断された場合は、組織の一部を採取して顕微鏡で調べる「生検」が行なわれることが一般的です。

マンモグラフィ検査とエコー検査、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

続きを読む

乳がん検診で行われることと重要性

乳がんを早く発見するために、ぜひとも受けたいのが「乳がん検診」です。しかし、まだ一度も受けたことのない女性は特に、「どんなことをされるんだろう」と不安になると思います。

乳がん検診で行なわれるのは、年齢や希望などにもよりますが、主に「医師による視触診・マンモグラフィ検査・エコー検査」の3つです。

ここでは、一つひとつの検査の詳しい内容と、その重要性についてご紹介していきます。

続きを読む

乳がんの超音波(エコー)検査

乳がんの早期発見に役立つ画像検査に、超音波を使った「エコー検査」があります。

乳がんの検査といえば「マンモグラフィ」を思い浮かべる人が多いと思いますが、日本ではエコー検査も併用することで、より発見率が高まることが分かっています。

エコー検査ではどのようなことが分かるのか、またマンモグラフィとの違いについてもご紹介しましょう。

続きを読む

若い人も検査を!若年性乳がん

乳がんの罹患率は、30代半ばごろから上昇し、特に高いのは40〜60代となっています。この世代だけで、乳がんの全患者さんの8割近くを占めるほどです。

しかし、中には35歳未満で乳がんを発症する人もいます。全体から見ると数は少ないですが、少数でもいる以上は注意しなくてはいけません。

若年性乳がんの特徴や、かかりやすい人、早期発見のポイントなどについてご紹介します。

続きを読む

マンモグラフィー検査は痛い?

マンモグラフィは、乳がんの早期発見に欠かせない検査の一つです。乳房をX線で撮影することで、乳腺にできたしこりや、石灰化している部分などを写し出すことができます。

ただし、検査時にはアクリル板で乳房を平たく押しつぶす必要があるため、一部の女性からは「痛すぎる!」と恐怖感を持たれている検査でもあります。

中には、あの痛みを味わいたくないという理由で、マンモグラフィを受けなくなった女性もいるようです。

しかしマンモグラフィは非常に大切な検査ですので、ぜひ工夫をして乗り切りましょう。マンモグラフィの痛みを軽減するためのコツをいくつかご紹介していきます。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ