乳がんの治療法【目次】

乳がん治療法まとめ

乳がんには手術をはじめとして、さまざまな治療法があります。発見時のステージや、患者さんの全身状態、またがんの性質などを考慮した上で、最適な治療法が選択されます。

もっとも根治が期待できるのは、手術による病巣の切除です。腫瘍のサイズや、リンパ節転移の有無などによっては、乳房を温存できる「部分切除」を選べる場合もあります。

一方、手術が難しい場合は、放射線療法や薬物療法などを検討します。また乳がんの場合、条件によっては、がん細胞の増殖を抑える「ホルモン療法」を行なえる点も特徴です。

ここでは、乳がんの治療法のダイジェストをご紹介します。

続きを読む

乳癌ガイドラインに沿った治療の流れ

乳がんの治療法を決める際、参考になるのが「乳がんの治療ガイドライン」です。

がんの治療ガイドラインには、国内外から集められたデータをもとに、「現時点でもっとも有効かつ安全な治療法」がまとめられています。

患者さんも自由に参照できますし、医師もガイドラインを参考に患者さんの治療法を検討するのです。

ガイドラインには、発見時のステージ別に治療の流れが掲載されています。ここでは、乳がんの治療ガイドラインにどのような治療の流れが載っているのかについて、分かりやすくご紹介していきます。

続きを読む

乳がんステージ別治療法

乳がんには、手術や放射線療法、薬物療法などさまざまな治療法があります。

どの治療を選ぶかは、発見時のステージによります。ステージごとに、おおよその「標準治療」が決まっており、それをもとに治療法を検討することが一般的です。

さらに、患者さん自身の希望や、全身状態、がんの性質なども総合的に考慮しながら、最終的な治療法を決定します。

もちろん発見が早いほど、手術だけで完治できる可能性が高いですし、発見が遅れるほど、他の治療法も組み合わせて行なうケースが増えます。

また、遠隔転移したW期になると基本的に手術はできず、薬物療法や緩和ケアが中心です。

ここでは、ステージ別の治療法について詳しくご紹介していきます。

続きを読む

乳がんの抗がん剤治療まとめ

乳がんの治療では、抗がん剤治療(化学療法)が行なわれることがあります。

手術の前に腫瘍を小さくする目的で行なう「術前化学療法」や、手術の後で再発を予防する目的で行なう「術後化学療法」、また手術が難しい進行・再発がんに対して行なう場合など、抗がん剤を使うケースは患者さんによりさまざまです。

抗がん剤を使うべきかどうか、また使うならどの薬剤にするかも、患者さん一人ひとりの乳がんの性質によって変わってきます。

ここでは、乳がんの抗がん剤治療について分かりやすくまとめました。

続きを読む

乳房再建術別のメリットデメリット

乳がんの治療で乳房を全摘出すると、片側の胸が失われてしまうことで日常生活にさまざまな支障が生じます。もちろん患者さんの精神的なショックも大きいものです。

そんな問題を解消するための方法が、「乳房再建術」です。失われた乳房を人工的に再建する手術で、これにより多くの乳がん患者さんが身体的・精神的に救われています。

乳房再建術には、再建する時期や再建の方法によっていくつかの種類が存在します。それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご紹介しましょう。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ