乳がん手術後【目次】

乳がん治療後の定期検査

乳がんは、比較的「再発しやすいがん」といわれています。通常、がんは5年再発しなければ完治といわれますが、乳がんの場合はその後も再発リスクがあるため、10年間は経過観察が必要です。

再発に備えるためにも、乳がんの治療後には、必ず定期検査を受けるように指示されます。定期的に病院でフォローアップ検診を受け、再発した場合にいち早く対処できるようにしましょう。

ここでは、乳がんの治療後に行なわれる定期検査の内容や、おおよそのスケジュールなどについてご紹介します。

続きを読む

再発転移した場合の痛みや症状を緩和させる治療

他のがんと同様、乳がんも治療後に再発・転移することがあります。

せっかく手術を受けたのに、再発・転移した時のショックは誰にとっても大きいものですが、何とか気持ちを切り替え、前向きに治療に向き合っていきたいものです。

特に乳房以外の部位に転移した場合は、転移先によって、痛みやさまざまな症状が出る可能性があります。QOLを維持しながら自分らしく過ごすためにも、転移による症状はなるべく治療で緩和させることが大切です。

ここでは、再発・転移による症状を和らげるために、どんな治療が行なわれるかについてご紹介していきます。

続きを読む

乳がん治療後に日常生活で気を付けること

乳がんの治療で手術を受けた後は、しばらく療養生活に入ることになります。社会復帰をあせることなく、まずは少しずつ体を慣らしながら日常生活に戻ることが大切です。

乳がんは他のがんと比較すると、40〜50代など若い年齢で発症することが多いため、仕事やお金、育児のことなど、患者さんの悩みは尽きないと思います。

しかし体が第一ですので、無理することなく、周りの人や専門家の助けも借りながら乗り切っていきましょう。

乳がん治療後の日常生活で気を付けたいことや、活用できるサービスなどについてご紹介していきます。

続きを読む

乳がん手術後のリハビリ

乳がんの治療で手術を受けた後は、しばらく療養生活に入ることになります。社会復帰をあせることなく、まずは少しずつ体を慣らしながら日常生活に戻ることが大切です。

乳がんは他のがんと比較すると、40〜50代など若い年齢で発症することが多いため、仕事やお金、育児のことなど、患者さんの悩みは尽きないと思います。

しかし体が第一ですので、無理することなく、周りの人や専門家の助けも借りながら乗り切っていきましょう。

乳がん治療後の日常生活で気を付けたいことや、活用できるサービスなどについてご紹介していきます。

続きを読む

乳がん治療後の後遺症と対策

乳がんの治療後には、さまざまな後遺症が残る可能性があります。

治療によるメリットのほうが多いことは確かですので、後遺症を心配しすぎる必要はありませんが、つらい症状を長引かせないためにも適切な対策をとることは大切です。

乳がんの治療後の後遺症としては、手術による腕の痛みやしびれ、またリンパ節郭清による腕のむくみなどが代表的です。また放射線療法や化学療法、ホルモン療法などによる後遺症(副作用)が起こることもあります。

乳がんの治療後に起こり得る後遺症の例と、その対策についてご紹介していきましょう。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ